[スポンサーリンク]

アルキルアミンをボロン酸エステルに変換する

不活性C(sp3)–N結合をボリル化する初めての反応が開発された。入手容易なアルキルアミンから様々な含ホウ素化合物へ変換する手法として期待される。アルキルボロン酸エステルへの変換方法アルキルボロン酸エステルは多様な官能基への変換が可…

生物の仕組みに倣う:背景と光に応じて色が変わる顔料の開発

イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成

ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

「進化分子工学によってウイルス起源を再現する」ETH Zurichより

アントニオ・M・エチャヴァレン Antonio M. Echavarren

スルホキシドの立体化学で1,4-ジカルボニル骨格合成を制す

サッカーボール型タンパク質ナノ粒子TIP60の設計と構築

不斉カルボニル触媒で酵素模倣型不斉マンニッヒ反応

有機合成化学協会誌2018年10月号:生物発光・メタル化アミノ酸・メカノフルオロクロミズム・ジベンゾバレレン・シクロファン・クロミック分子・高複屈折性液晶・有機トランジスタ

相次ぐ”業務用洗剤”による事故

研究者のためのCG作成術①(イントロダクション)

酵素合成と人工合成の両輪で実現するサフラマイシン類の効率的全合成

がんをスナイプするフェロセン誘導体

【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

第 164 回目のスポットライトリサーチは東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻の森泰造 (もり たいぞう) 特任講師にお願いしました。森特任講師は、今年の 7 月まで物質・材料研究機構 NIMS の有賀研究室にて超分子化学…

スルホキシドの立体化学で1,4-ジカルボニル骨格合成を制す

有機合成化学協会誌2018年10月号:生物発光・メタル化アミノ酸・メカノフルオロクロミズム・ジベンゾバレレン・シクロファン・クロミック分子・高複屈折性液晶・有機トランジスタ

相次ぐ”業務用洗剤”による事故

研究者のためのCG作成術①(イントロダクション)

がんをスナイプするフェロセン誘導体

最終面接で内定をもらう人の共通点について考えてみた

タンパクの「進化分子工学」とは

スポンジシリーズがアップデートされました。

【速報】2018年ノーベル化学賞は「進化分子工学研究への貢献」に!

Goodenough教授の素晴らしすぎる研究人生

100年前のノーベル化学賞ーフリッツ・ハーバーー

環状アミンを切ってフッ素をいれる

工程フローからみた「どんな会社が?」~OLED関連

投票!2018年ノーベル化学賞は誰の手に!?

有機合成化学協会誌2018年10月号:生物発光・メタル化アミノ酸・メカノフルオロクロミズム・ジベンゾバレレン・シクロファン・クロミック分子・高複屈折性液晶・有機トランジスタ

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年10月号がオンライン公開されました。巻頭言は静岡大学のきのこ博士こと、河岸洋和教授。静岡県立大学の合成化学者菅教授とのきのこにまつわる共同研究で有名ですが、巻頭言でも「物取り」…

最終面接で内定をもらう人の共通点について考えてみた

ライトケミカル工業2020年採用情報

特長のある豊富な設備:ライトケミカル工業

ライトケミカル工業株式会社ってどんな会社?

変わったガラス器具達

SigmaAldrichフッ素化合物30%OFFキャンペ…

有機化合物のスペクトルデータベース SpectraBas…

結晶データの登録・検索サービス(Access Struc…

即戦力のコンパクトFTIR:IRSpirit

渡辺化学工業ってどんな会社?

天然物の全合成研究ーChemical Times特集より…

有機合成化学協会誌7月号:ランドリン全合成・分子間int…

研究リーダーがPJを成功に導く秘訣

フラッシュ自動精製装置に新たな対抗馬!?: Revele…

ピックアップ記事

化学者のつぶやき

ケムステニュース

身の回りの分子

  1. IGZO

ODOS 有機反応データベース

元素の基本と仕組み

注目情報

ケムステしごと

研究者へのインタビュー

ケムステまとめ

世界の化学者データベース

化学地球儀

PAGE TOP