[スポンサーリンク]

ニコラス-ターナー Nicholas Turner

ニコラス ターナー (Nicholas Turner, 1960年6月2日イギリス、ケント州Orpington生)はイギリスの酵素化学者である。マンチェスター大学教授(写真:マギル大学化学科)。経歴 1979‐1982 Uni…

博士課程に進学したあなたへ

【書籍】フロンティア軌道論で理解する有機化学

少量の塩基だけでアルコールとアルキンをつなぐ

日本薬学会第139年会 付設展示会ケムステキャンペーン

論文・学会発表に役立つ! 研究者のためのIllustrator素材集: 素材アレンジで描画とデザインをマスターしよう!

シアノヒドリンをカルボン酸アミドで触媒的に水和する

チオカルバマートを用いたCOSのケミカルバイオロジー

触媒的不斉交差ピナコールカップリングの開発

研究者のためのCG作成術④(レンダリング編)

CSJジャーナルフォーラム「ジャーナルの将来像を考える」

理論的手法を用いた結晶内における三重項エネルギーの流れの観測

求電子剤側で不斉を制御したアミノメチル化反応

分子形状初期化法「T・レックス」の実現~いつでもどこでも誰でも狙った場所だけ狙ったタイミングで~

有機合成化学協会誌3月号:鉄-インジウム錯体・酸化的ハロゲン化反応・両親媒性ジアリールエテン会合体・アミロイド選択的光酸素化・カリウムイオン競合型アシッドブロッカー

博士課程に進学したあなたへ

どういった心構えで研究生活を送るべきかについて、昨年ですが面白い記事がNatureに出ていたので、紹介したいと思います。記事の著者がイギリス人なので、所々日本とシステムやら研究に対する姿勢が違うところもあるので異なった書き方をしているところ…

シアノヒドリンをカルボン酸アミドで触媒的に水和する

触媒的不斉交差ピナコールカップリングの開発

分子形状初期化法「T・レックス」の実現~いつでもどこでも誰でも狙った場所だけ狙ったタイミングで~

第99回日本化学会年会 付設展示会ケムステキャンペーン Part III

科学論文を出版するエルゼビアとの購読契約を完全に打ち切ったとカリフォルニア大学が発表

第99回日本化学会年会 付設展示会ケムステキャンペーン Part II

原子3個分の直径しかない極細ナノワイヤーの精密多量合成

第99回日本化学会年会 付設展示会ケムステキャンペーン Part I

100年以上未解明だった「芳香族ラジカルカチオン」の構造を解明!

わずかな末端修飾で粘度が1万倍も変わる高分子

徹底比較 特許と論文の違い ~その他編~

「鍛えて成長する材料」:力で共有結合を切断するとどうなる?そしてどう使う?

ケムステイブニングミキサー2019に参加しよう!

ケムステタイムトラベル2010 ~今こそ昔の記事を見てみよう~

高分子鎖デザインがもたらすポリマーサイエンスの再創造

お申込み・詳細はこちら日時2019年 5月16日(木)、17日(金)全日程2日間  ※1日単位の選択受講も承ります。定員20名(先着順にて承ります。)対象者企業、研究機関にご所属で、新しい高分子材料の研究開発…

Reaxys PhD Prize再開!& クラ…

27万種類のビルディングブロックが購入できる!?

【大阪開催2月26日】 「化学系学生のための企業研究セミ…

Nature 創刊150周年記念シンポジウ…

蛍光標識で定性的・定量的な解析を可能に:Dansyl-G…

有機合成化学協会誌2019年2月号:触媒的脱水素化・官能…

6年越しで叶えた“海外と繋がる仕事がしたい”という夢

遺伝子工学ーゲノム編集と最新技術ーChemical Ti…

研究最前線講演会 ~化学系学生のための就職活動Kicko…

感染制御ー薬剤耐性(AMR)ーChemical Time…

有機合成化学協会誌2019年1月号:大環状芳香族分子・多…

ダイセルが開発した新しいカラム: DCpak PTZ

化学系人材の、より良い将来選択のために

これからの研究開発状況下を生き抜くための3つの資質

ピックアップ記事

化学者のつぶやき

ケムステニュース

身の回りの分子

  1. IGZO

ODOS 有機反応データベース

元素の基本と仕組み

注目情報

ケムステしごと

研究者へのインタビュー

ケムステまとめ

世界の化学者データベース

化学地球儀

PAGE TOP